一般歯科

森山歯科式『無痛虫歯治療』

虫歯治療など歯科医院での治療は『痛い』とお考えの方は多いのではないでしょうか?
治療が痛いから歯科医院に通いたくない。そうすると虫歯はどんどんと進行してしまいます。虫歯は治療を行わければ、絶対にはおりません。虫歯の初期段階で処置を行うことが天然歯(自分の歯)を失わない様にする為の唯一の手段です。
当院では、なるべく痛みを感じず治療を受けて頂けるよう、『無痛虫歯治療』を行っています。森山歯科式『無痛虫歯治療』の紹介をします。

3つの特長

1.患者さんが不安にならないカウンセリング

治療流に治療に対して不安を感じてしまったり、緊張をしてしまうと神経が過敏になってしまい、痛みに反応しやすくなってしまいます。森山歯科医院では、治療前にしっかりと治療について説明を行いますので、患者さんはなるべく緊張しない状態で治療を受けて頂く事ができます。

2.表面麻酔で注射の痛みをやわらげる

電動麻酔を使用し、痛みを軽減しますが、更に表面麻酔も行い、注射針を刺す際の痛みも和らげます。

3.注射針は一番細い針を使う

注射針は、細いほど痛みを感じにくいです。森山歯科では、使用する針にもこだわっており、市販されている針で一番細い『33G』の針を使用しています。更に、痛みを軽減する為に、麻酔液を温めて注入することによって、麻酔液を注入した際の痛みも軽減する事ができます。

できるだけ削らない治療

森山歯科では、健康な歯をなるべく削らないように心がけています。虫歯治療は虫歯になってしまった箇所を削りそこに被せ物をする治療が一般的です。
虫歯を削る際に、健康な歯まで削ってしまうことがありますが、森山歯科では、拡大鏡を使用し、肉眼の約5倍の大きさで見ながら治療を行いますので、細かい治療が可能です。

ダイアグノデント ペンを導入しています。

レーザー光で歯質を解析し、虫歯を数値で表し、視診・触診やX線などに併用して診断します。
患者さんのカリエスリスクを考慮しながら予防(再石灰化など)や処置・管理(最小限の切削)を行うことができ、虫歯の経過を数値的に追えるため、経過観察中の虫歯の進行度合いが把握できるので、MI(なるべく削らない)治療に役立ちます。

痛みの少ない虫歯治療(ドッグスベストセメント)

当院ではドックスベストセメント(Doc’s Best Cement)をご用意しております。
通常の治療は「虫歯部分を完全に除去」することが基本です。虫歯部分(軟化象牙質)を完全に除去するのに痛みがある場合は麻酔が不可欠です。
治療は通常虫歯部分(軟化象牙質)を完全に除去し、虫歯部分(軟化象牙質)を除去して歯髄まで虫歯が達したら「神経を取る」という治療になることがほとんどです。
神経を取った歯は神経がある歯と比べると虫歯になりやすくなったり破折しやすくなったりする可能性が高くなってしまうのです。
ところが、このドックスベストセメント(Doc’s Best Cement)は虫歯部分(軟化象牙質)を完全に取り除きません。いえ、軟化象牙質が残っていた方が都合がよいのです。軟化象牙質はドックスベストセメン ト(Doc’s Best Cement)の力で無菌化され、石灰化し治癒するのです。

痛くない・なるべく削らない虫歯治療なら
当院までお問い合わせ下さい。

このように森山歯科では、天然歯をなるべく削らず、削っても最小限の範囲のみ削る。その際にも痛みがないように最大限の配慮をしています。
健康な自分の歯を残す為に、今ある虫歯を早期段階で治療して、より健康的な口腔内を維持しましょう。
痛くない虫歯治療を受けたい方は新狭山の森山歯科までおこし下さい。